HOME // サービス // 住宅診断・耐震リフォーム

住宅診断・耐震リフォーム

「地震大国」ともいわれる日本では、「いつ大きな地震がくるか」常に不安がつきまといます。あなたのご自宅の設備は、大地震に耐えられる構造になっているでしょうか?
お客様にいつまでも安心して暮らしていただくために、当社では住宅診断および耐震リフォームを行っております。耐震構造に精通したスタッフがお客様のお住まいにお伺いし、耐震性に問題がないかどうか詳しく調査。問題がある箇所やリフォームの必要がある場所についてわかりやすくご説明し、適切な耐震リフォームプランをご提案いたします。

こんな方にオススメです

・自宅の耐震性が不安な方
・大きな地震に耐えられる強い家にしてほしい方
・家の耐震性に問題がないか確かめてほしい方

INSPECTION 住宅診断について

住宅を取り巻く環境は、これまでのような「スクラップ&ビルドの新築至上主義」から、「既存の住宅を活用する」方向へと大きく変化しつつあります。
国土交通省は「住宅ストック」という観点から、「住宅すごろくを超える新たな住宅環境システムの構築」「建て替えやリフォームによる安全で質の高い住宅ストックへの更新」という目標を掲げました。
こうした施策に対応するため、建物状況調査(インスペクション)や既存住宅売買瑕疵保険を活用した既存住宅の品質確保が図られ始めました。2018年4月からは中古住宅売買の際に、既存住宅状況調査を実施しているか否かを説明することが義務付けられました。これは、既存住宅状況調査技術者の資格を持つ建築士のみが行うことができ、従来のインスペクターの資格では行うことができません。
 
当社は「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に準拠した講習を受け、考査を合格した「既存住宅状況調査技術者」が在籍しており、かつ瑕疵保険法人への事業者登録も済ませております。
「既存住宅状況調査技術者」が行った検査は、「既存住宅売買瑕疵保険」加入時に、瑕疵保険法人の行う現場検査に変える取り扱いができます。
 
売主・保険付保で売却価格を高めに設定可能
 
買主・中古住宅でも構造躯体や防水部分に対する安心が確保
・住宅ローン減税の対象住宅が拡大(築年数20年を超える木造住宅や築年数25年を超える耐火住宅についても、住宅ローン減税や登録免許税の軽減措置を受けることが可能)
 
詳しくは下記のサイトをご覧ください。
住宅瑕疵担保責任保険協会
 
また、当社が事業者登録している株式会社住宅あんしん保証のサイトをご覧ください。
株式会社住宅あんしん保証

PRICE 料金
【中古住宅】

●既存住宅現況調査
設計図書あり:25,000円/設計図書なし(平面図作成):40,000円 ※床下点検、天井裏点検無し
●既存住宅瑕疵保険加入検査
設計図書あり:35,000円/設計図書なし(平面図作成):45,000円
※天井のぞき込み、床下のぞき込み。
※住宅安心保証様の保険料金は別途になります。
※保険加入のために是正工事が必要となる場合があります(※データでは7~8割程度で必要)。

【耐震診断】

耐震診断…設計図書あり:60,000円/設計図書なし(平面図作成):80,000円
行政手続き(補助金等申請)…20,000円(新座市、志木市、さいたま市など)
耐震適合証明発行…20,000円

【オプション】

天井点検口設置工事…25,000円
床下点検口設置工事…25,000円
天井裏侵入…20,000円
床下侵入…20,000円
配筋調査…15,000
※天井、床下セットでの工事は40,000円となります。
※状況によっては侵入調査が不可能な場合があります。

サービス一覧